創薬系オープンイノベーションの支援

TOP > 先端的な事業の推進 > 創薬系オープンイノベーションの支援

創薬系オープンイノベーションの支援

製薬企業、支援機関、投資家等が集積する東京の強みを活かし、産学官連携によるオープンイノベーションの支援を行っています。

創薬・医療系ベンチャー支援プログラム

創薬・医療系ベンチャーや起業を目指す研究者等を対象に、起業や運営に関する支援、資金調達や事業会社との提携に向けた支援を行っています。
Blockbuster TOKYO ウェブサイト(外部サイトへリンク)

研究開発に関する施設(ウェットラボ)への入居補助

創薬・医療分野において実用化が期待されているシーズを有している方々の研究開発に資する施設(ウェットラボ【注】)への入居を支援しています。

【注】本事業上での「ウェットラボ」の定義は、装置や薬品を用いて、各種法令等に則り適切に実験を行うことのできる装備を有する施設(施設の貸主または施設を管理運営する者が、当該施設をウェットラボとして整備し賃貸等の用に供している施設であり、且つ、入居者の施設利用に対して適切な支援・管理が行われている施設)を指します。

募集概要
対象者・創薬・医療分野においてシーズの実用化に向け具体的な研究開発事業を行う個人または法人(営利法人の場合は未上場であること) 
・申請時点で都内のウェットラボに入居している者又は新たに入居見込みの者
対象経費都内のウェットラボの利用の対価として支払う賃料・使用料
対象期間3か年(年度毎に審査有り) 各年度、交付決定の日から年度末まで
補助率/上限補助率:対象経費の2分の1/上限:1件あたり2,000千円/年
採択件数採択は20件/年を上限

募集要項等ダウンロード
※申請書を提出するに当たっては、事前に予約をしてください。お手数ではございますが、予約のお申込み方法は、募集要項をご確認ください。

大学保有機器等の共用促進

創薬・医療分野研究者やベンチャー等が有する技術やアイデアの実用化に向けた後押しを行うため、大学保有機器等の共用を促進する取組を実施しています。

協定締結大学
大学名協定名協定締結日
国立大学法人東京医科歯科大学創薬・医療系オープンイノベーションに資する大学保有機器等の共用に関する協定令和元年7月16日(火曜日)
【注】大学名をクリックすると外部サイト(リンク先)へ移動します。
利用対象者

以下のいずれかに該当する方が対象者となります。
①都内で創薬・医療分野の研究開発の計画を有し、今後その事業化を目指している者
②創薬・医療分野の事業を行う中小企業者のうち、東京都内に事業所を有する者又は今後都内に事業所を構える計画のある者

利用方法等

利用希望者は、東京医科歯科大学に直接申請を行ってください。
利用可能機器、利用料金は東京医科歯科大学リサーチコアセンターHP(外部サイトへリンク)をご確認ください。

機器共用のご案内(PDF)