戦略政策情報推進本部ニュース

TOP > 戦略政策情報推進本部ニュース > 創薬・医療系ベンチャー育成支援プログラム『Blockbuster TOKYO』選抜プログラム参加者決定

創薬・医療系ベンチャー育成支援プログラム『Blockbuster TOKYO』
選抜プログラム参加者決定

令和元年10月4日

東京都では、製薬企業、支援機関、投資家等が集積する東京の強みを活かし、創薬・医療分野のベンチャーや研究者の育成支援を行っています。この度、創薬・医療系ベンチャー育成支援プログラム『Blockbuster TOKYO』選抜プログラムの参加者が決定しましたのでお知らせします。

■プログラム参加者 全19チーム

会社名又はチーム名事業概要
アイバイオス株式会社炎症性腸疾患(IBD) などの自己免疫疾患を対象とした新規治療薬の開発
iMAT細胞外マトリックス制御によるがん・線維症治療薬の開発
株式会社Elix特性予測及び分子設計を中心としたAI創薬ソフトウェアの開発
株式会社オキシキャリア動物用人工赤血球の開発及びヒトへの応用
G&Niバイオ機能性エピトープをベースとした眼性疾患を対象とする新規抗体医薬品の開発
Sugar Nanopatch生体安全性の高い超分子構造を有するナノシートを薬剤送達のプラットフォーム技術とした新規治療薬の開発
DRP創薬ペリプラズムペプチドディスプレイ法とイオンチャネル焦点化ペプチドライブラリーを用いた高効率なイオンチャネル創薬
Tupac.bio, Inc.複雑な遺伝子デザインを可能とする、合成生物学プロセス向けの、バイオデザイン・解析ソフトウェアの開発
株式会社Buzzreach製薬企業と患者を繋げる治験情報公開プラットフォームと患者の声を活かした医薬品開発を目指した患者中心医療サービスの展開
株式会社HanaVax基盤技術"Nanogel"を用いた次世代型経鼻ワクチンの開発
微生物薬品製造 (仮)SOAT2選択的阻害剤による新規オーファンドラッグの開発
ファイメクス株式会社タンパク質分解を作用機序とした新規医薬品の研究開発
MabGenesis株式会社高機能抗体を用いた、ヒト用・動物用医薬品の研究開発
MycHunter TherapeuticsMYC遺伝子増幅腫瘍に対する新規治療薬の開発
株式会社ミーバイオ「光スイッチたんぱく質」を用いた、ゲノム編集の活性や遺伝子の転写発現を時間特異的・部分特異的に制御するプラットフォーム技術の開発
ユナイテッド・イミュニティ株式会社ナノ粒子による免疫活性化技術を活用した、既存治療法が効かない"Cold tumor"に対する治療薬開発
Ras シグナルRasの下流のシグナルを完全に遮断する画期的な方法をを利用した新規抗がん剤の開発
匿名チーム(A)多剤耐性細菌感染症に対する、「バクテリオファージ」を人工的にデザインした既存の抗菌薬とは全く異なる人工ウイルス抗菌剤の開発
匿名チーム(B)難病治療薬の研究開発

※五十音順(匿名チームを除く)
※チーム名等の公表を希望しない場合に、チーム名を任意に「匿名チーム(A)」「匿名チーム(B)」と表記しております

【問合せ先】
戦略政策情報推進本部戦略事業部先端事業推進担当
電話 03-5388-2176